Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
クリスマスツリー
 


横浜のロイヤルパークホテルのクリスマスツリー。

まだ11月だけれど、人の集まるところはどこもクリスマス一色。
| ikuko | 17:47 | - | - | - | - |
日影祭り
 


8月8・9日の2日間、葉山の日影茶屋で行われる夏のお祭りに出かける。

大人はつきたてのお餅やあられの浮いた冷やしぜんざい、
子どもたちはかき氷や金魚すくいを楽しむ。

お囃子の太鼓の音には、なんとも気分が高揚する。

| ikuko | 23:59 | - | - | - | - |
夏至の夜
 


おとうと家族に誘われて、キャンドルナイトのイベントに参加。
増上寺の前には、まだ明るいうちから人が集まっていた。

たまにはこうして大勢人が集まるようなイベントに参加するのも新鮮なものだなと思う。
| ikuko | 22:01 | - | - | - | - |
逗子海岸花火大会




逗子の花火大会。

夏の雰囲気はまだ全然ないけれど。
| ikuko | 23:59 | - | - | - | - |
いちご狩り
 


三浦のイイジマ農園にいちご狩りに行く。

起伏のある土地に、大根やキャベツなどの畑がどこまでも広がっている眺めは、いかにも三浦らしい。
葉山から三浦までは車で40分ほどだけれど、まるでずいぶん遠くまで来たような気がする。




平日の午後だったためか、いちご狩りに来ていたのは私たちだけ。
誰もいないビニールハウスで、紅ほっぺやとちおとめなど、それぞれ満足するだけ摘んで食べる。

新鮮ないちごは実がぴんとして、いい香りがする。
家で食べるいちごは少しでも酸味があると、なんとなく手がのびないのだけれど、こうして摘みながら食べるいちごの酸味はまったく気にならない。




立派なキャベツ。

畑の真ん中に、ぽつんとトラックが止められて、荷台には大根が山のように見事にぴっちりと重ねられて積まれている。
目の前に広がる畑の大根を一つずつ引き抜いていくのは、本当に気の遠くなるような作業なのだろうと思う。


なだらかな畑の向こうには、船の行き交う海が見えて、贅沢な眺め。



| ikuko | 21:52 | - | - | - | - |
スマートイルミネーション横浜

今日から5日間、横浜の臨海部を中心に光のイベントが行われる。

週の半ばの平日なのでそれほど人が大勢いる感じでもなく、のんびりと光のインスタレーションを楽しむ。


象の鼻パークの「未知への鼻」




山下臨港線の高架脚をスクリーンに、光のアニメーション「TRACK」




開港記念会館の「つぶやく街灯」

街灯と建物のライトが谷川俊太郎の詩をモールス信号でつぶやく。
古い建物の残る港町ならではの発想だなと思う。



| ikuko | 22:36 | - | - | - | - |
横浜中華街映画祭
 


ジャック&ベティ主催の「横浜中華街映画祭」。

お気に入りの中華料理屋さん「安楽園」が閉店してから、ほとんど足を踏み入れることがなかった中華街。
中国・台湾・香港の映画を7日間にわたって上映するとのことで、台風の近づく中、中華街へ。
会場の「同發新館」は50年ほど前まで「新光映画劇場」という映画館だったのだとか。
お店の奥の会場は絨毯敷きの大広間で、時代を感じるような布張りの椅子が並べられ、天井にはシャンデリア風の照明もあり、レトロ感満載。素敵な空間だった。

午後からのチャン・イーモウ監督の「サンザシの樹の下で」を観た後、
映画評論家 佐藤忠男さんのトークも聞く。
| ikuko | 21:44 | - | - | - | - |
SKAViLLE JAPAN
 
「週末ヒマだったら、どう?」と弟に誘われて、日比谷野音へ。
いもうとのMちゃんと2歳の甥っこkも一緒に。

もう夏が終わっているような、そうでもないような、毎年そんな時期にあるSKAのイベント。
そういうジャンルの音楽を日常的に聴いているわけではないけれど、このイベントは手放し気分になれて楽しい。

シャボン玉とビールなのか水なのかわからない何かが時々飛び交ったりする中、踊っている人たちを眺めて、なんだかいいな、と思う。



| ikuko | 23:59 | - | - | - | - |
葉山花火大会



今年も葉山マリーナから森戸海岸沖にあがる花火を鑑賞する。

わずか1000発のこじんまりとした花火大会。
ウッドデッキの雛壇に座って、舞台を見るような感覚で花火を眺める。
| ikuko | 23:55 | - | - | - | - |
鎌倉花火大会
 


鎌倉の花火を森戸神社の裏手から見る。

海沿いの国道に連なる車の光が遠くからも見えて、いつになく明るい眺め。

由比ヶ浜の沖に上がる花火。

迫力はあまり感じられないけれど、遠目に見る花火もなかなかいい。

| ikuko | 22:04 | - | - | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

PR