Page: 1/8   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
むかご
 


本気の家庭菜園をもつお隣さんから。

キュウリもサツマイモも、いただくものは見たことないくらい巨大。

このむかごもジャガイモほどの大きさ。


庭の大きなイチジクの葉にのせて。

こんなに大きいなら、山芋はどんなに大きいものが採れるだろう。


| ikuko | 18:00 | - | - | - | - |
 


庭の菊。

深いあかの色がいい。

| ikuko | 17:53 | - | - | - | - |
彼岸花
 


庭の胡桃の木の下に、数本の彼岸花。

葉もなく、節もなく、ニョキっと土から茎の伸びる様子にはなんとなく違和感があり、突然花が咲くまでその存在に気づけない。

毎年この季節になると、唐突に咲いていることにはっとさせられる。

葉があれば、この花も少しは植物らしく見えるのかなと思う。
| ikuko | 20:33 | - | - | - | - |
庭の植物のこと



横須賀の園芸屋から連れ帰った、葉山椒の木。

木の高さの割に鉢が小さかったので、ふたまわりほど大きなものに植え替えた途端に、突然枯れてしまった。
もう今更どうしようもない、と思ってしまうほどの早さで葉がみるみる変色していき、ついにお化けのような姿に。
そういえば、以前育てていた山椒の木も、連れ帰って地植えにした途端に枯れてしまったことがあった。
枯れた葉を数枚残して、ただ枝ばかりになった葉山椒の木をを眺めて、どうしたものかと思う。

それでも万が一生き返る可能性があるかもしれないと思い、水やりを続けていたら、鮮やかな色の葉が出てきて感激する。

植物って不思議だ、と思う。



夏のはじめに死にかけたセージ。

虫がついたようには見えなかったけれど、ほとんどの葉が真っ黒になった。
毎朝、様子を伺うのだけれど、そのたびに変色がすすんでいて、見るからに気の毒な様子。
何があったのか考えてみても原因がわからない。

ある日の夕方に、黒くなった葉をひとつ残らず丁寧に取り去ってみた。
それでもしばらくは黒くなり続け、そのたびに黒い葉が残らないように葉を取った。
そんなことを続けて、気がつくと柔らかそうな葉が大量に出てきて、以前よりもずっといい雰囲気に。


ほとんど自由気ままに生きている庭の植物。
水やりと、時々の草抜き以外はほとんどお世話をしないのだけれど、時には人の手が必要なことがあるのだなと思う。



| ikuko | 20:45 | - | - | - | - |
サルスベリ
 


庭のサルスベリの木。

気がつけば、空いっぱいに花。




| ikuko | 22:54 | - | - | - | - |
イチジク
 


7月のはじめに狙われていたイチジクの実。

右側の実はいつの間にかなくなってしまったけれど、
左側は、いい感じの色に。



割って食べてみたら、ものたりないようなうす甘さ。
それでもイチジクの不思議な食感と独特な香りはあって、
甘い実が鈴なりになるようにするにはどうしたらいいのだろう、と思う。


| ikuko | 17:47 | - | - | - | - |
毛虫皮膚炎
 
甥っこのKが夏休みになったので、京都から姉の家族が帰ってきた。
それにあわせて、いもうとのMちゃんと甥っこのkも
しばらく葉山の家に滞在することに。
甥っこ2人に姪っこ1人。
こどもが3人も一つの家にいると、
本当に想像を超えるにぎやかさ…!

kと一緒に庭のあおい胡桃の実を取ったりして、
遊んだりしたものだから、
何やらかぶれたようなかゆみ。
胡桃の葉もかぶれるのかな、と思う。
だましだまし氷で冷やすけれど、
数日後には集中力が1分ともたない。
見た目も恐ろしい雰囲気になってきたので、
仕方なく職場近くの皮膚科にゆくと、
「毛虫は毛が飛びますから、」と言って、
飲み薬と軟膏を出してくれた。

その週の休みは海に行くのも我慢して、
なんとなくぼんやりとして過ごす。

毛虫が飛び道具を持っているなんて知らなかった。

| ikuko | 16:23 | - | - | - | - |
無花果
 


狙われているのは、確実。











| ikuko | 00:00 | - | - | - | - |
葉山椒
 


何年も前から庭に山椒の木があったらいいなと思っていて、ようやく手に入れる。
葉からは、触れなくても独特な香りがして、それだけで山椒の実の佃煮を瓶いっぱい作るイメージがわく。

地植えにするにあたり、適した環境を調べていたところ、山椒の木には雌雄があるのだということがわかる。
実は雌株にしかならず、しかも「葉山椒」というのは雄株のことを指すのだとか…!
雰囲気のいい山椒だなと連れて帰って来たのはいいのだけれど、実を収穫して佃煮を作るところまで妄想したのに、何も知らずにおかしなことだったなと思う。

それでも、こうして目に留まる鉢植えに出会うことは少ないので、
この木を選んだことに間違いはないのだと思う。

実はならなくても大切にお世話をしようと思う。
| ikuko | 00:00 | - | - | - | - |
アラビアジャスミン
 


先週の土曜日、今年初めて花が咲いた。

これから夏が始まって、終わるまで、毎日咲き続ける。
| ikuko | 18:43 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

PR